ウーマン

アイフォン修理業者の主な流れ|電子機器を直すサービス

修理を安価で対応

携帯を操作するレディー

国内のスマートフォン市場で70パーセント近いシェア率を誇るiphoneですが、画面の割れやバッテリー消耗などで修理が必要となるケースが多々あります。このような修理を公式サポートに依頼した場合、画面割れであれば最高で17000円、バッテリー交換であれば10000円近くのiphone修理費用が発生してしまいます。このような理由から画面が割れてそのままにしている人やバッテリーが無くなってしまって新しいiphoneを購入する人は大勢います。ですが、iphone修理業者を利用すれば比較的安い価格で済ませることができるのです。また、公式サポートの場合はiphone本体を新しいものに取り換えるパターンが多いのでデータが全て消去される可能性があります。そのためバックアップを取っていなかった場合は大変なことになってしまうでしょう。
ですが、iphone修理業者であれば内部ボードに触れないようにして必要な箇所だけを修理、交換するので安心といえます。ですが、万が一ということもあるのでこのような業者を依頼する場合はパソコンと接続してフルバックアップを取っておくと確実に安心できます。画面割れのiphone修理費用ですが、最新機種は公式サポート同じくらいの費用がかかるので覚えておきましょう。1世代前のモデルからは修理業者がお得といえます。もうすぐ新型のiphoneが発売される次期なので、現状の最新モデルのiphone修理費用もそろそろ値段が落ちることでしょう。最新モデルの画面が割れてしまった人はもう少し待ってみるのも1つの手です。